贈り物の雑学

記念日

のし

のしの豆知識

のしの豆知識

祝のし

お中元、寿などのお祝いに使われる「祝のし」の種類をご紹介します。

紅白蝶結び

引っ張ればほどけて、何度でも結びなおせることから、繰り返してもよいお祝い事などに蝶結びを使います。入園、入学のお祝いや、出産祝いなどに使われています。

表書き
  • 御中元
  • 御歳暮
  • 御祝
  • 御礼
  • 粗品
  • 内祝
紅白10本結び切
一度結ぶと引っ張ってもほどけないことから、一度きりのお祝ごとに利用します。「婚礼内祝」、「寿」では二人が固く結ばれるとの願いを込めて5本2組をひとまとめにした、10本を利用します。
表書き
  • 寿
紅白結び切
一度結ぶと引っ張ってもほどけないことから、重ねて起きてほしくない場合に結び切を使います。
表書き
  • 御見舞

仏のし

ご霊前、御供などの仏事に使われる「仏のし」の種類をご紹介します。

仏・藍銀水引
一度結ぶと引っ張ってもほどけないことから、重ねて起きてほしくない場合に結び切を使います。
表書き
  • 御仏前
  • 御供
  • 御霊前

季節のご挨拶

御中元・御歳暮など、季節のご挨拶にご利用いただく一般的な「のし紙」の書き方「表書き」と時期をご案内いたします。

紅白蝶結び
引っ張ればほどけて、何度でも結びなおせることから、繰り返してもよいお祝い事などに蝶結びを使います。入園、入学のお祝いや、出産祝いなどに使われています。
表書き
  • 御年始
  • 御年始の贈り物をする時期としては、元旦を避け遅くとも1月7日までの間に届くのが良いでしょう。年賀の挨拶として贈ります。

  • 御中元
  • 御中元は、一年の上半期を区切り、新暦の7月1日~15日、又は月遅れ8月1日~15日頃の間にお礼の気持ちをこめて贈ります。 月遅れの「お盆」を行う地方では「お中元」も8月15日までに贈るのが通例です。

  • 暑中見舞い
  • 暑中見舞いはお盆に親元や仲人などを訪問し、贈り物をする風習。日ごろあまり連絡をとっていない・ご無沙汰している相手へ、気遣いの気持ちをこめて贈ります。

  • 残暑見舞い
  • 残暑見舞いは立秋(8月7日)後から8月下旬に贈ります。猛暑期に相手への気遣いとして贈ることが、残暑見舞いの主旨です。

  • 御歳暮
  • お歳暮は、「事始めの日」である12月13日~12月20日頃の間にお礼の気持ちをこめて贈るのが一般的です。 しかし、地域によって多少時期が異なり、関東では12月初旬~12月31日、関西では12月13日~12月31日までに贈るのが通例となっています。

短冊のし

入学、出産などの内祝に短冊をご利用いただけます。

短冊のし
包装紙の中に掛けるのを「内熨斗(うちのし)」包装紙の外に掛ける「外熨斗(そとのし)」と呼びます
表書き
  • 出産祝い
  • 入学内祝
  • 快気内祝
  • 全快内祝